各界からコメント続々!!

初日満足度
鬼邪高校
鳳仙学園

  • 豪華入場者プレゼント「WORST 816巻」
  • シネコン5社総当たりバトル!テッペン争奪!人気投票キャンペーン!
  • BESTBOUT
  • HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O
  • KONAMI

INTRODUCTION

累計観客動員450万人・興行収入65億円突破の人気バトルアクションシリーズ『HiGH&LOW』と、累計発行部数7500万部突破の伝説的不良コミック「クローズ」「WORST」(原作・髙橋ヒロシ)が奇跡のコラボを果たす!髙橋ヒロシが初の映画脚本を手がけ、『HiGH&LOW』シリーズからは札付きの不良が集まる“鬼邪高校(おやこうこう)”が、「クローズ」「WORST」シリーズからは“殺し屋軍団・鳳仙学園”が登場し、互いの仲間が襲撃された事件をキッカケに大激突!演じるのは、鳳仙の頭・佐智雄役に今最も旬な俳優・志尊淳、鬼邪高の番長・村山役に山田裕貴、鬼邪高を揺るがす転入生・楓士雄役に川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が抜擢。

まとまりはないが個々の力は最強の鬼邪高VS一枚岩に組織化された鳳仙、果たして世紀の頂上決戦に勝つのはどっちだ?!

場面写真

STORY

“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校。そこは定時制と全日制に分かれ、定時制の番長・村山良樹(山田裕貴)が鬼邪高校の頭を張っていた。鬼邪高の全日制に転入した花岡楓士雄(川村壱馬)は、いつか村山にタイマンを挑むべく、全日制の天下をとる野望を持っていた。全日制は、実力トップの強さを誇る轟(前田公輝)と芝マン(龍)、辻(鈴木昂秀)の轟一派、二年を仕切る中越(神尾楓珠)と一年を仕切る中岡(中島健)が率いる中・中一派、狂った戦い方で成り上がる泰志(佐藤流司)と清史(うえきやサトシ)が率いる泰・清一派、楓士雄と幼馴染の司(吉野北人)と手下のジャム男(福山康平)が仕切る司一派ら、新世代が覇権を争う戦国時代を迎えていた。

一方、やや離れた街・戸亜留市では、幹部以外全員スキンヘッドの最強軍団、鳳仙学園が勢力を強めており、リーダー・上田佐智雄(志尊淳)を筆頭に、小田島(塩野瑛久)、沢村(葵揚)、仁川(小柳心)、志田(荒井敦史)の四人からなる鳳仙四天王[通称・小沢仁志]と幹部のサバカン(坂口涼太郎)が、過去最強の布陣を揃えていた。そんな中、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちに突然襲撃され、時を同じく鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件が発生。仲間が襲撃されたことをきっかけに両校互いに敵対心を募らせてゆく。

個性派揃いだが圧倒的力を持つ鬼邪高校、一枚岩に組織化された鳳仙学園——。
夕暮れの河原で両校がぶつかり合う、世紀の頂上決戦が幕を開ける!

場面写真

CHARACTERS OF HiGH&LOW THE WORST

相関図
PRODUCERS COMMENT

昔から「クローズ」や「WORST」など髙橋先生が描く作品の熱い世界観が大好きでした。

今回は『HIGH&LOW』とのコラボレーションを実現できた事がとても嬉しいですし、
今までには無いような新しいコラボレーションの在り方を
エンタテインメントとして発信できたように思います。

髙橋先生にも直接、脚本作業にご協力いただき、
双方のファンの皆さんが楽しめる世界観を創る事ができたので、
このコラボレーションが生み出す化学反応、熱狂を楽しんでいただきたいと思います。

そして、この作品を機に髙橋先生とコラボレーション出来る機会をさらに沢山作りたいですし、
これからも今までに無いような凄い作品を世の中に届けていきたいと思います。

企画プロデュース EXILE HIRO
場面写真場面写真
HIROSHI TAKAHASHIS COMMENT

『鬼邪高と鳳仙を激突させませんか!』そこから始まりました。
初めての映画の脚本、どんな物語にするかより、そこに出てくる人物達を、
ちゃんと血の通った魅力あるキャラクターにしたい!
そこを大切に脚本を書きました。楽しい仕事でした。
HIROさんに深く感謝します。
続編ですか?そんな話があるなら、もちろん喜んで(笑)

脚本/「クローズ」「WORST」原作 髙橋ヒロシ

髙橋ヒロシ原作、累計発行部数7500万部を超える、決してブレる事のないストーリーで伝説的人気を誇る不良漫画の金字塔!「クローズ」、そしてクローズ終了から2年後の世界が舞台となる「WORST」とは?

ABOUT THE CROWS

ABOUT THE WORST

ABOUT THE HOUSEN 殺しの軍団「鳳仙学園」とは?

場面写真

鈴蘭の最大の対抗勢力と言われる不良高校。まとまりのない鈴蘭とは対照的に、頭を頂点とした統一された組織力を持っている。

「幹部以外は丸坊主」という鉄の掟があり、そのため「スキンヘッド軍団」などと呼ばれている。「クローズ」では、美藤三兄弟の世代が中心に描かれた。次男の美藤竜也は、坊屋春道、九能龍信、古川修と並び『四天王』の一人に数えられている鳳仙最強の男で、主人公・坊屋春道との名勝負を繰り広げた。「WORST」では、キングジョーと月光兄弟の世代が中心に描かれた。キングジョーは1年生の時に当時の鳳仙トップをタイマンで倒し、以来鳳仙のトップとして君臨。月光兄弟の三男・月本光政は、主人公・月島花と同世代で、図抜けた戦闘力・統率力によって、鳳仙のトップをキングジョーに任された。トップを中心に統率が取れた「一枚岩」の鳳仙だが、各トップは牽引力がある者、打たれ強い者、圧倒的力がある者、負けを知り仲間との絆を大切にする者など、それぞれにカラーが異なるのが特徴。

「HiGH&LOW THE WORST」では、「WORST」の月本光政の世代から更に後の時代、過去最強と名高い上田佐智雄の世代が描かれる。名前の頭文字をとって通称“小沢仁志”と呼ばれる屈強な四天王の存在もあり、鉄の結束の伝統を受け継ぎ、進化した最強のパワーを見せつけている。

俳優・やべきょうすけが語る 髙橋ヒロシの世界

2007年に公開された映画『クローズZERO』で、主人公・源治(小栗旬)を県内随一の不良校・鈴蘭のトップにするために協力するチンピラ・片桐拳役で出演。以降も原作者の髙橋ヒロシと交流の深いやべきょうすけ。本作「HiGH&LOW THE WORST」では企画段階から関わり「宣伝応援プロデューサー」として参戦している。そんな彼が語る、髙橋ヒロシ作品の魅力、そして「HiGH&LOW」のコラボレーションとは?

「クローズ」「WORST」が持っている世界と『HiGH&LOW』が持っている世界が合わさった時にどんな化学反応が生まれるか。それはとても楽しみでした。映画を拝見して、過去の映像化作品に負けず、むしろ原作の髙橋ヒロシイズムが前面に出てきているな!と感じています。

「HiGH&LOW」のアクロバティックなアクションに加えて、「クローズ」「WORST」の仲間と友情―青春グラフィティの部分が色濃く出ていました。髙橋ヒロシさんは「クローズZERO」で初めて映像化に踏み切って以来、漫画では描ききれないものを、映像を通して表現することの良さを感じてこられたのかなと思います。今回、自らも初めて脚本に入られたことで、髙橋ヒロシさんのカラーと表現されたいことが、映像に強く出せていたと思います。

原作では、“やってはならない一線”を決めています。それは、思春期の学生達の、“ルール”ではなく“モラル”を決めているとも言えます。“ルール”は既に大人達に決められたことですが、“モラル”は、学生たちがその時分に、自らの経験から決めていく倫理観です。例えば、命を粗末にしてはいけない、卑怯な真似はしてはいけない、困っているヤツがいたら手を差しのべる、というようなことを、彼らは、時にはみ出して喧嘩もしながら、生きていきながら、決めていっているのです。それは、“ダサい”か“かっこ良い”かを決めることでもあって、男としてかっこ悪いマネはしちゃダメだということを、原作では教えているのかなと思います。

そして、髙橋ヒロシさんがよく言うのが「学生は学生の間で終わらせて欲しい」ということ。若気の至りはある程度は許される。学生は喧嘩をしたら停学処分になるが、大人になれば傷害事件になってしまう。限りない学生でいられる時間の中で、自分のプライドを持って闘って成長しているんです。だからこそ青春を描いてきたし、仲間を大切にする物語を描いてきたからこそ、今回の物語の、仲間が傷つけられたことで、鬼邪高と対決するのは至極当然な流れといってもいいと感じています。

また、鬼邪高と相対する鳳仙。彼らは“一枚岩”というキーワードがありますが、学校内で揉めることはない。それは団結や結束という意味でもある。だけど、鳳仙は一枚岩という部分は共通していますが、後は自由なんです。世代ごとにトップの“カラー”がそれぞれ違って、それぞれのトップに良いものがある。それは今回の佐智雄にも言えることで、また新しい鳳仙のトップのカラーを皆さんに観てほしいなと思います。

この映画、観終わると、色々なスピンオフが見たくなるんです。定時のその後や鳳仙のその後、楓士雄のその後‥想像を掻き立てる展開ばかりで、そこも一つの魅力かと思います。ぜひ期待感を持って、この映画を観てもらえたらと思います。

「HiGH&LOW THE WORST」
宣伝応援プロデューサー 俳優・やべきょうすけ

1973年生まれ、大阪府出身。07年『クローズ ZERO』にて第17回日本映画批評家大賞 助演男優賞を受賞。TVドラマ「QP」第4話(11)にて演出家デビュー。同作では俳優として出演するとともに制作プロデューサーも務める。

HISTORY OF OYA HiGH SCHOOL

SEASON1

全国から札付きの不良が集まる「漆黒の凶悪高校」こと鬼邪高校。「拳100発に耐え続ければ頭になる」という伝統を“通った”村山が、定時制の番長となった。

ある日、鬼邪高生徒たちから標的となっていたチハルを山王連合会のヤマトが助けたことによって、抗争の火花が散る。ケジメをつけるために単身鬼邪高に乗り込んだチハル、それを助けようとするヤマトや他のメンバーによって「鬼邪高VS山王連合会」の火蓋が切って落とされる。しかし、山王連合会総長・コブラの圧倒的な強さを前に、番長・村山は激闘の末に倒されてしまう……。

大いなる敗北から現在の鬼邪高校の歴史は幕を開ける。

場面写真

SEASON2

自分の力を誇示するため鬼邪高校に転校してきた轟。瞬く間に全日制の頭を倒した轟は、定時の番長である村山に果たし状を叩きつけ、挑発。さらに、定時制の生徒に卑劣な手段で闇討ちを行っていた。

そんな非道な行いにしびれを切らした村山と、いち早く 頂点 テッペン を手にしたい轟――仲間が見守る中、タイマンの勝負が始まる。

一進一退の攻防、白熱の戦いの果てに勝負を制したのは村山だった。コブラに敗れた村山、そんな村山に敗れた轟。彼らは敗北を喫することで自分に何が足りないのかに気付き始めていた。

場面写真

ある日突然、鬼邪高に乗り込んできた男たちがいた。彼らの名は「MIGHTY WARRIORS」。

理想郷の実現のため、SWORD地区を琥珀と共に制圧しようと動いていた。傷だらけの仲間を見た村山は、怒り心頭。だが、この喧嘩に他の仲間たちを巻き込みたくない彼は、単身で敵地に乗り込むことを決めた。そんな彼の前に現れたのが、古屋、関、そして轟をはじめとした鬼邪高校の面々だった。ダンプに乗り込み「いくぞてめぇら!」と咆哮する村山。そしてSWORD連合軍と、コンテナ街の戦いになだれ込んでいくことになる。

戦いは琥珀を倒したコブラ率いるSWORD連合軍の勝利によって終結することとなった。

場面写真

コブラに呼び出されたSWORDの各メンバー。彼から「SWORD協定を結びたい」という話が伝えられる。

群雄割拠のSWORD地区をまとめること、さらに反社会組織の九龍グループとの戦いに備えて、同じ地区同士での争いを止めるという提案。

各チームが反発する中、ひとりコブラの提案の賛同する村山だった。さらに、White Rascalsは敵対するDOUBTを束ねる林蘭丸の出所により、因縁に再び火がつくことを恐れていた。予感は的中し、DOUBTと手を組んだPRISON GANGによりWhite Rascalsは壊滅寸前に。そんな時、村山は協定を拒否した達磨一家の頭・日向と「勝利した暁には協定に参加」を条件にタイマンを張る。

その頃、黒白堂では、因縁の戦いが始まろうとしていた。防戦一方のWhite Rascalsのピンチに駆けつけたのは、他でもないSWORDのメンバーだった。村山は鬼邪高生を乗せたトラックで襲撃。敵を次々と蹴散らし、勝利が目前となったが、そこに現れたのは……。

場面写真

黒白堂に現れたのは九龍グループのひとり、善信吉龍だった。SWORD地区での制圧を意図する彼らの前に、屈しない態度をとろうとしたコブラは蹴りを見舞い、宣戦布告をする。そして、九龍グループによるSWORD壊滅行動がスタートし、鬼邪高校も襲撃され、校舎は被害を受け、もちろん生徒たちも致命傷を負った。

九龍グループはRUDE BOYSのリーダーであるスモーキーを手にかけ、カジノ建設のため無名街の爆破計画を立てる。それぞれのチームが傷を負っていたが、それぞれの利害が一致した彼らは九龍グループの全面対決のために、無名街に乗り込む。お馴染みのダンプで次々と九龍グループの構成員を蹴散らし、無事、爆破は阻止され、九龍グループとの争いに終止符が打たれた。

前日譚として、SWORDと九龍グループの戦いが始まる時、村山は「全日の生徒は巻き込まない」と誓いを立てていた。それが、全日の轟の目にはどう映っていたのだろうか……。

場面写真

STAFF

  • 企画・プロデュース | EXILE HIRO

    PROFILE

    神奈川県出身。1990年にZOOのメンバーとしてデビュー。1999年J Soul Brothersを結成し、2001年EXILEと改名して再始動。パフォーマー兼リーダーとして、EXILEを国民的グループに押し上げる。2013年パフォーマーを勇退。2015年12月には、ダンスパフォーマンスとボーカルを巧みに組み合わせた活動のほか、プロデューサーとしての活躍も評価され、日本の芸術文化の振興に貢献しているとして、芸術文化活動などで優れた功績を挙げた人に贈られる文化庁長官表彰を受ける。2017年からLDH新体制においてLDH WORLDのチーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてクリエイティブを統括し、世界の拠点と連携し世界基準でのエンタテインメント創造に情熱を注いでいる。

  • 脚本・「クローズ」「WORST」原作 | 髙橋ヒロシ

    PROFILE

    1965年生まれ、福島県出身。「Hey!リキ」(89)にて漫画家デビュー。月刊少年チャンピオンにて「クローズ」(90~98)、「WORST」(01~13)を連載。その他に主な作品として「キク」(92~93)、「QP」(98~00)などがある。「エグザムライ戦国」(09)でもキャラクター原案を手掛けている。

  • 監督 | 久保茂昭

    PROFILE

    1973年生まれ、東京都出身。EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS、E-girlsをはじめ、安室奈美恵、倖田來未、YUIなどのMVを多数手がける映像ディレクター。VMAJにおいて“年間最優秀ビデオ賞”を2010年「ふたつの唇」、12年「Rising Sun」、13年「24karats TRIBE OF GOLD」、14年「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」、15年「Eeny,meeny,miny,moe!」で受賞。邦楽に関しては5年連続受賞となり、異例の快挙となる。15年ドラマ「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」を皮切りに、同シリーズの映画公開作品を担当。

  • アクション監督 | 大内貴仁

    PROFILE

    1976年生まれ、大阪府出身。スタントチームA-TRIBE代表。香港に渡りアクションを学び、現在は日本でアクション監督として活動。映画『るろうに剣心』シリーズ(るろうに剣心/京都大火編/伝説の最期編)のスタントコーディネーターを務め、主なアクション監督作品として『SP 野望篇/革命篇』、『黒執事』、ドラマ「HiGH&LOW」Season1、映画『HiGH&LOW THE MOVIE』、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』、『亜人』、ドニー・イェン主演の『肥龍過江/Enter The Fat Dragon』などがある。

  • コスチュームプロデューサー| 小川哲史

    PROFILE

    1978年生まれ、東京都出身。LDH所属のデザイナーで、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSをはじめとした所属アーティストのステージ衣装デザインと制作を手がける。LDH apparelの代表でもあり「24karats」「J.S.B.」など自社ブランドのクリエイティブディレクター。前作『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ(16年、17年)に続いてコスチュームプロデューサーを務める。

  • 音楽 | 中野雄太

    PROFILE

    1980年生まれ、栃木県出身。HiGH&LOWシリーズ(ドラマ・映画)音楽担当。東京音楽大学作曲科卒。在学中から浜崎あゆみのremixを手掛け、卒業後はEXILEなどへ楽曲提供。主な作曲作品に、EXILE「We will~あの場所で~」など。映画音楽では『ゲゲゲの鬼太郎』(07)、『あの空をおぼえている』(08)などがある。

  • 音楽プロデューサー | 佐藤達郎

    PROFILE

    1964年生まれ。株式会社LDH music & publishing取締役。EXILEをはじめ、EXILE THE SECOND、三代目 J SOUL BROTHERS、GENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZと、全てのEXILE TRIBEアーティストのクリエイティブA&Rディレクターを担当。

  • 美術プロデューサー| 橋本創

    PROFILE

    1980年生まれ、東京都出身。三池崇史監督作『クローズZEROⅡ』(09)で美術監督としてデビュー。その他に『クローズEXPLODE』(14)、『るろうに剣心』シリーズ(12~14)、『秘密 THE TOP SECRET』(16)などを手がける。『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ(16、17)に続いてプロダクションデザイナーとして参加。

  • 脚本 | 平沼紀久

    PROFILE

    1976年生まれ、神奈川県出身。「HiGH&LOW」全シリーズの脚本を手掛ける。絵本作家としてキッズデザイン賞、フードアクションニッポンで優秀賞を受賞。執筆業のほか、俳優としても活躍。主な映画出演作に『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』(12)、『笑う招き猫』(17)、『ひだまりが聴こえる』(17)など。また映画『DTC -湯けむり純情篇-from HiGH&LOW』(18)で長編初監督を果たし、TVドラマ「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O」(19)でも監督を務めた。

  • 脚本 | 増本庄一郎

    PROFILE

    1969年生まれ、大阪府出身。主な映画出演作に『あずみ2 Death or Love』(05)、『クローズZERO』(07)、『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』(10)、『火花』(17)などがある。映画『陰日向に咲く』(08)で漫才監修を担当。舞台「THE BAMBI SHOW」(16~)で企画・作・演出・出演を担当するなど、俳優、脚本、監督として幅広く活躍。ドラマ「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O」でも監督を務めた。

  • 脚本| 渡辺啓

    PROFILE

    1976年生まれ、大阪府出身。数々のドラマに出演後、2003年「日本テレビシナリオ登龍門」を受賞し脚本家に転身。主な連続ドラマの作品に「夜王~yaoh~」(06)、「ラストマネー ~愛の値段~」(11)、「女はそれを許さない」(14)など。また映画『3人の信長』(19)では初監督をつとめ、活動の幅を広げている。「HiGH&LOW」シリーズではTVドラマ、映画のすべてに参加している。

LDH関連アーティストによる
世界観にマッチングした、多数のアップテンポな新規楽曲!

LDH関連の超人気アーティスト達による、『HiGH&LOW THE WORST』の為に書き下ろされた新規楽曲。
鬼邪高校・全日制の各一派や、鳳仙学園、各キャラクターの登場やアクションシーンに、絶妙にマッチした、テンション上がる新楽曲が約10曲も!
作品の世界観に一層の勢いと力強さを加えている!!

0%
pagetop
close

back

back