画像

INTRODUCTION

【超全員主役】日本中が熱狂した、「HiGH&LOW」シリーズ【超進化】
100名超えの超豪華キャストで贈る、アクション感動超大作が誕生!

映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、LIVEまで、あらゆるメディアを自在に融合させた、世界初の総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」
5つのチームの頭文字をとって「SWORD地区」と呼ばれるエリアを舞台に覇権を争う男たちの闘いと、熱い友情ドラマを描いた本シリーズは、メインキャラだけで100名超えという規格外のスケールと、その1人ひとりの深いバックストーリーを基に、リアルとファンタジーがコラボした、独自の世界観を創りだしている。
2015年10月にスタートしたドラマ「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」に続いて、2016年7月に公開された『HiGH&LOW THE MOVIE』は興行収入20億円を突破する大ヒットを記録。熱狂的リピーターがスクリーンに向けて絶叫する「応援上映」という新たな参加型スタイルも根付かせたことも記憶に新しい。さらに同年10月に公開された映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』は台湾・韓国などアジアでも上映され、国境を飛び越える広がりを見せた。
そして2017年夏、待望のシリーズ続編『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』の公開が決定。
魂をぶつけあう男たちの友情物語は、ついにクライマックスを迎える!
描かれるのは、SWORD地区を襲う新たな脅威、極悪スカウト集団“DOUBT”と監獄からの刺客“PRISON GANG”の【最凶の連合】と、相対する【最強の結束】“SWORD”との未来をかけた最大の決戦。さらに、闇の勢力・九龍グループと琥珀&九十九・雨宮兄弟との激闘も繰り広げられ、驚愕のラストへなだれ込んでいく。
ハリウッドの向こうを張るダイナミックな映像と圧巻のアクション、チームを超えた友情と絆。さらなる【超進化】を遂げ、日本映画界の常識をまたもや塗り替えた、まさにアクション感動超大作の誕生だ。
【全員主役】のコンセプトを極限まで推し進めた、キャスティングの豪華さも凄まじい。AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、黒木啓司、佐野玲於、ELLY、白濱亜嵐らお馴染みのEXILE TRIBEメンバーや、窪田正孝、林遣都、山田裕貴ら実力派俳優はもちろん続投。新キャラクターとしてNAOTOと小林直己、関口メンディーらが合流。若手注目株の中村蒼も狂気スレスレのキャラクターで新境地を見せている。さらに、天才子役・鈴木梨央、ハリウッドでも活躍する女優・祐真キキ、名古屋発の人気エンタテインメント集団・BOYS AND MEN、2.5次元舞台で活躍する俳優陣など、バラエティに富んだキャストも初参加。また、謎に包まれた九龍のボス役として、すでに登場した岩城滉一、中村達也、早乙女太一に加えて津川雅彦、岸谷五朗、加藤雅也、笹野高史、髙嶋政宏、木下ほうかという日本映画のレジェンドたちが集結。企画・プロデュースをつとめるEXILE HIROのもと【超全員主役】のオールスターキャストが実現した。

STORY

この空の下、願う希望。
その想いが、俺たちをひとつにした――。

仲間との固い友情で結ばれた男たちの物語は、SWORD地区の空と未来をかけて、最大の決戦へ。
SWORD地区──。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。
しかし九龍グループによるカジノ計画が立ち消えになったわけではなく、山王連合会を率いるコブラ(岩田剛典)は、九龍に対抗するため各チームのリーダーを集め自衛のために「SWORD協定」を提案。だが、リーダーのスモーキー(窪田正孝)を病で欠いたRUDE BOYSは、「俺たちは明日を生きる方が重要」と判断を保留。White RascalsのROCKY(黒木啓司)にも「うちは女を守れればいい」と拒絶されて、交渉は決裂してしまう。
ROCKYが協定を蹴ったのには理由があった。White Rascalsと敵対する悪名高いスカウト集団・DOUBTを束ねる“狂犬”林蘭丸(中村蒼)が監獄から出てくる情報を掴んでいたのだ。過去の因縁から闘いが再燃し、他のチームに飛び火することを何より恐れていた……。金と力以外一切信じない蘭丸は案の定、出所するやいなやWhite Rascalsの縄張りを急襲。それだけでなく、監獄内の“絶対王者”として君臨するジェシー(NAOTO)や、フォー(関口メンディー)などの「PRISON GANG」を豊富な資金力で監獄から呼び寄せ、圧倒的戦闘力でSWORD地区全体を支配下に置こうとする。その攻勢の前に切り崩されていくWhite Rascals。傷だらけのROCKYにコブラが手を差し伸べようとするが、「自分で立てるうちは、自分の足で立つべきだ」と素直に応じられない。
その一方で、カジノ建設計画をめぐるもう一つの闘いも繰り広げられていた。鍵となるのは、九龍グループと政治家の癒着を示す証拠を収めたUSBメモリ。雅貴(TAKAHIRO)、広斗(登坂広臣)の雨宮兄弟は、兄の尊龍(斎藤工)が命と引き替えに奪い取ったこのデータを、かつて自分たちと熾烈な闘いを繰り広げた琥珀に託していたのだ。親友の龍也(井浦新)を殺された復讐心から自分を見失い、張城のSWORD侵略計画の先棒を担いだ過去を持つ琥珀は、「もう間違いたくない」と決意。相棒の九十九(青柳翔)と共に、スキャンダル公表の下準備を進める。しかし九龍もまたその情報を察知していた。癒着が明らかになれば、グループ自体が崩壊の危機に瀕してしまうため、黒崎会の若頭・九鬼源治(小林直己)を暗殺者として差し向ける。
DOUBTとPRISON GANG連合軍とのケリをつけるべく、決戦の場へと赴くROCKY。圧倒的な勢力差を前にWhite Rascalsは絶体絶命の窮地に陥るが──。
そこに現れたのは、仲間のため街のために覚悟を決めたコブラ(岩田剛典)らSWORDの仲間たちだった。
闇の組織・九龍グループの刺客、源治が振るう日本刀をかいくぐって共闘する琥珀、九十九、雅貴、広斗の四人──。
それぞれの想いが交差する中、未来をかけた最大の戦いが始まった。その果てに待ち受けるものは、希望か、それとも絶望か──。

画像

山王連合会

山王連合会のチームビジュアル

SWORDの「S」。別名“山王街二代目喧嘩屋”。無法な輩から商店街(山王街)を守るため地元の若者が結成した。メンバーであるコブラ、ヤマト、ノボルは幼馴染。先輩である琥珀の暴走を止めるため、反目していたSWORDの各チームと手を組み、MIGHTY WARRIORS、DOUBTの混合軍と死闘を繰り広げた。九龍グループのカジノ誘致に伴う再開発がきっかけで、強固だったチームの結束が危機にさらされる。

  

White Rascals

  
White Rascalsビジュアル

SWORDの「W」。別名“誘惑の白き悪魔”。白ずくめのスカウト集団で、傷付いた女性を守ることをモットーとする。繁華街のクラブ「heaven」が拠点で、パーティーを主催したり、他店に女性を紹介することが生業だが、粗暴な客には容赦ない。

かつて極悪スカウト集団・DOUBTと熾烈な縄張り争いを展開。敵を率いる“狂犬”林蘭丸が逮捕された後、黒白堂駅を境に膠着状態に陥るが、その出所をきっかけに再び全面戦争へ突入する。

鬼邪高校

鬼邪高校ビジュアル

SWORDの「O」。全国から札付きの粗暴者が集まってくる、別名“漆黒の凶悪高校”。定時制と全日制の2コースに分かれる。番長・村山が率いる定時制は「5回留年すれば一流」と言われ、その筋にとって絶好の人材供給源でもある。ただし、村山の宣言により「定時の抗争に全日の生徒を巻き込まない」というルールが定められている。カジノ計画により治安が悪化したことから、不逞の輩が多くなり喧嘩の絶えない日々を送っている。

RUDE BOYS

RUDE BOYSビジュアル

SWORDの「R」。天涯孤独の人間が集まる治外法権の街「無名街」の孤児たちが、自衛のため結成したチーム。荒廃した街を知り尽くし、アクロバティックな攻撃で侵入者を瞬時に排除。“無慈悲なる街の亡霊”の異名を持つ。血の繋がりこそないが、その絆はどこまでも強い。無名街に住む者はすべて“家族”と見なし、老人や子供を守る使命感も。ただ、現在はリーダーのスモーキーが病に倒れ、明日を生き抜くことに必死になっている。

達磨一家

達磨一家ビジュアル

SWORDの「D」。かつて九龍グループ傘下の日向会が最強のチーム「ムゲン」を潰そうとし、逆に壊滅させられる“事件”があった。その日向四兄弟の末弟・日向紀久が、兄たちの復讐のため結成した。

赤い法被がトレードマーク。抗争の場にはアメ車で乗り付け、後先考えずに暴れる武闘派で、別名“復讐の壊し屋一家”。祭の仕切りを生業とする他、賭場も開帳。闘鶏や花札、喧嘩賭博などで稼いでいる。

DOUBT

DOUBTビジュアル
DOUBTビジュアル
DOUBTビジュアル

かつて羅千・阿来エリアを恐怖で染め上げていた“狂犬”林蘭丸が、高野・平井と立ち上げた極悪スカウト集団。女性を“金を生む道具”としか見なさず、古くからWhite Rascalsと敵対。黒白堂駅を境界線に睨み合う。蘭丸が逮捕された後は、金でMIGHTY WARRIORSの手先となりSWORDを攪乱。コンテナ街で大乱闘を繰り広げた。

プリズンギャング

プリズンギャングビジュアル

監獄内にいるギャングたちの総称。監獄内ではいくつかのグループに分かれており、ストリートギャングたちは捕まった際に、危険な監獄内で身を守るためにどこかのグループに属さなければいけない。しかし、ジェシーは自分の力で新たなグループを作り、自らと同じリトルアジア出身の人間だけで構成されたチームを結成。同郷であることから、彼らの結束は“外”に出ても強く、監獄内でも最強と呼ばれていた彼らの戦闘能力は高い。フォーをはじめとするメンバーは“監獄内のボス”であったジェシーの出所後の“招集”にすぐさま応じ、蘭丸率いるDOUBTと共にWhite Rascalsを襲撃する。

MIGHTY WARRIORS

MIGHTY WARRIORSビジュアル

音楽とファッションへのリスペクトで固く結ばれたチーム。出自はバラバラだが、誰もが壮絶な環境を生き抜いてきた。湾岸地区の巨大クラブ「FUNK JUNGLE」が拠点とし、いずれ自分たちの“理想郷”を建設することを目標に掲げる。その資金集めのため“傭兵”の仕事もこなし、かつては張城・李の依頼でSWORDを攻撃した。組織や立場よりも仲間の絆を重んじ、メンバーから九龍グループに転じた劉とは現在も深く繋がっている。何ものにも束縛されない、自由な戦士たち。

ムゲン

ムゲンビジュアル

琥珀(AKIRA)と、相棒の九十九(青柳翔)は、今はSWORDと呼ばれている地区一帯を、かつて支配した伝説のバイクチーム「ムゲン」のメンバー。琥珀(AKIRA)は「ムゲン」の2代目総長だった。

「ムゲン」の創始者の1人である龍也の死によりチームは解散。その後、龍也の死に九龍グループが絡んでいることを知った琥珀は復讐を誓い、韓国マフィア張城と手を組みSWORDを潰そうとするが、コブラ、ヤマト、九十九らの身体を張った説得もあり目が覚める。

その後行方が分からなくなっていたが、雨宮雅貴(TAKAHIRO)から九龍グループの機密情報が入ったUSBを託され、死んでしまった龍也の為、その情報公開に動くことになる。

雨宮兄弟

雨宮兄弟ビジュアル

かつて圧倒的勢力を誇ったムゲンとたったふたりで渡り合った、最強の兄弟。群れる人間を軽蔑し、漆黒のハーレーで神出鬼没の動きを見せる。どちらも、銃器を持った敵を素手で倒す実戦格闘術「ゼロレンジコンバット」の使い手。次男・雅貴、三男・広斗の上には、実力では2人をも凌ぐ長男・尊龍がいる。九龍グループ傘下の上園会に両親を殺されたという真相を知った尊龍は、カジノ絡みの癒着スキャンダルを暴くため命懸けで組織に潜入。機密情報入りのUSBメモリを弟ふたりに託して、自らは短い生涯を閉じた。

苺美瑠狂

苺美瑠狂ビジュアル

苺美瑠狂は、刺繍の入ったピンクの特攻服に身を包み、改造バイクを走らせる山王街のレディースチーム。

彼女たちのネットワークは広く、SWORD地区で起こるトラブルの情報をすぐさま入手してくる。 新作では通称“東京タワー”と呼ばれる芝(楓)、通称“スカイツリー”押上(佐藤晴美)、ノノリキ(山口乃々華)、イシカワ(城戸愛莉)の4名が、White Rascalsのピンチをコブラたちに伝える!

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」8月19日(土)全国ロードショー!
ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

ページTOPに戻る

出演

© 「HiGH&LOW」製作委員会

0%