画像

INTRODUCTION

【超全員主役】日本中が熱狂した、「HiGH&LOW」シリーズ【超進化】
100名超えの超豪華キャストで贈る、アクション感動超大作が誕生!

映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、LIVEまで、あらゆるメディアを自在に融合させた、世界初の総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」
5つのチームの頭文字をとって「SWORD地区」と呼ばれるエリアを舞台に覇権を争う男たちの闘いと、熱い友情ドラマを描いた本シリーズは、メインキャラだけで100名超えという規格外のスケールと、その1人ひとりの深いバックストーリーを基に、リアルとファンタジーがコラボした、独自の世界観を創りだしている。
2015年10月にスタートしたドラマ「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」に続いて、2016年7月に公開された『HiGH&LOW THE MOVIE』は興行収入20億円を突破する大ヒットを記録。熱狂的リピーターがスクリーンに向けて絶叫する「応援上映」という新たな参加型スタイルも根付かせたことも記憶に新しい。さらに同年10月に公開された映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』は台湾・韓国などアジアでも上映され、国境を飛び越える広がりを見せた。
そして2017年夏、待望のシリーズ続編『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』の公開が決定。
魂をぶつけあう男たちの友情物語は、ついにクライマックスを迎える!
描かれるのは、SWORD地区を襲う新たな脅威、極悪スカウト集団“DOUBT”と監獄からの刺客“PRISON GANG”の【最凶の連合】と、相対する【最強の結束】“SWORD”との未来をかけた最大の決戦。さらに、闇の勢力・九龍グループと琥珀&九十九・雨宮兄弟との激闘も繰り広げられ、驚愕のラストへなだれ込んでいく。
ハリウッドの向こうを張るダイナミックな映像と圧巻のアクション、チームを超えた友情と絆。さらなる【超進化】を遂げ、日本映画界の常識をまたもや塗り替えた、まさにアクション感動超大作の誕生だ。
【全員主役】のコンセプトを極限まで推し進めた、キャスティングの豪華さも凄まじい。AKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、登坂広臣、岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、黒木啓司、佐野玲於、ELLY、白濱亜嵐らお馴染みのEXILE TRIBEメンバーや、窪田正孝、林遣都、山田裕貴ら実力派俳優はもちろん続投。新キャラクターとしてNAOTOと小林直己、関口メンディーらが合流。若手注目株の中村蒼も狂気スレスレのキャラクターで新境地を見せている。さらに、天才子役・鈴木梨央、ハリウッドでも活躍する女優・祐真キキ、名古屋発の人気エンタテインメント集団・BOYS AND MEN、2.5次元舞台で活躍する俳優陣など、バラエティに富んだキャストも初参加。また、謎に包まれた九龍のボス役として、すでに登場した岩城滉一、中村達也、早乙女太一に加えて津川雅彦、岸谷五朗、加藤雅也、笹野高史、髙嶋政宏、木下ほうかという日本映画のレジェンドたちが集結。企画・プロデュースをつとめるEXILE HIROのもと【超全員主役】のオールスターキャストが実現した。

STORY

この空の下、願う希望。
その想いが、俺たちをひとつにした――。

仲間との固い友情で結ばれた男たちの物語は、SWORD地区の空と未来をかけて、最大の決戦へ。
SWORD地区──。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。
しかし九龍グループによるカジノ計画が立ち消えになったわけではなく、山王連合会を率いるコブラ(岩田剛典)は、九龍に対抗するため各チームのリーダーを集め自衛のために「SWORD協定」を提案。だが、リーダーのスモーキー(窪田正孝)を病で欠いたRUDE BOYSは、「俺たちは明日を生きる方が重要」と判断を保留。White RascalsのROCKY(黒木啓司)にも「うちは女を守れればいい」と拒絶されて、交渉は決裂してしまう。
ROCKYが協定を蹴ったのには理由があった。White Rascalsと敵対する悪名高いスカウト集団・DOUBTを束ねる“狂犬”林蘭丸(中村蒼)が監獄から出てくる情報を掴んでいたのだ。過去の因縁から闘いが再燃し、他のチームに飛び火することを何より恐れていた……。金と力以外一切信じない蘭丸は案の定、出所するやいなやWhite Rascalsの縄張りを急襲。それだけでなく、監獄内の“絶対王者”として君臨するジェシー(NAOTO)や、フォー(関口メンディー)などの「PRISON GANG」を豊富な資金力で監獄から呼び寄せ、圧倒的戦闘力でSWORD地区全体を支配下に置こうとする。その攻勢の前に切り崩されていくWhite Rascals。傷だらけのROCKYにコブラが手を差し伸べようとするが、「自分で立てるうちは、自分の足で立つべきだ」と素直に応じられない。
その一方で、カジノ建設計画をめぐるもう一つの闘いも繰り広げられていた。鍵となるのは、九龍グループと政治家の癒着を示す証拠を収めたUSBメモリ。雅貴(TAKAHIRO)、広斗(登坂広臣)の雨宮兄弟は、兄の尊龍(斎藤工)が命と引き替えに奪い取ったこのデータを、かつて自分たちと熾烈な闘いを繰り広げた琥珀に託していたのだ。親友の龍也(井浦新)を殺された復讐心から自分を見失い、張城のSWORD侵略計画の先棒を担いだ過去を持つ琥珀は、「もう間違いたくない」と決意。相棒の九十九(青柳翔)と共に、スキャンダル公表の下準備を進める。しかし九龍もまたその情報を察知していた。癒着が明らかになれば、グループ自体が崩壊の危機に瀕してしまうため、黒崎会の若頭・九鬼源治(小林直己)を暗殺者として差し向ける。
DOUBTとPRISON GANG連合軍とのケリをつけるべく、決戦の場へと赴くROCKY。圧倒的な勢力差を前にWhite Rascalsは絶体絶命の窮地に陥るが──。
そこに現れたのは、仲間のため街のために覚悟を決めたコブラ(岩田剛典)らSWORDの仲間たちだった。
闇の組織・九龍グループの刺客、源治が振るう日本刀をかいくぐって共闘する琥珀、九十九、雅貴、広斗の四人──。
それぞれの想いが交差する中、未来をかけた最大の戦いが始まった。その果てに待ち受けるものは、希望か、それとも絶望か──。

画像

山王連合会

山王連合会のチームビジュアル

SWORD地区の“S”、山王連合会のチームビジュアルがついに解禁!

今回ビジュアルが解禁となった山王連合会は、本作品の舞台であるSWORD地区の「S」。別名“山王街二代目喧嘩屋”。「山王街」という商店街を根城とし、同じ街で育った幼馴染が自然に集まり結成された。チームを率いるリーダーのコブラ(岩田剛典)、幼馴染のヤマト(鈴木伸之)とノボル(町田啓太)、ムードメーカーのダン(山下健二郎)メンバーから慕われる後輩のテッツ(佐藤寛太)とチハル(佐藤大樹)、怒ると手がつけられないカニ男 (八木将康)、テッツの後輩ケン(岩谷翔吾)とヒカル(山本彰吾)、の合計9名がメイン登場キャラクター。
強い絆で結ばれたチームだが、本作では、九龍グループのカジノ計画による街の再開発が発端となり、チーム内に亀裂が走ることとなる。

  

White Rascals

  
White Rascalsビジュアル

SWORDの「W」。別名“誘惑の白き悪魔”。
白ずくめのスカウト集団で、傷ついた女性たちを守ることをモットーとしている。
クラブ「heaven」を本拠地としてパーティを開催したり、SWORD地区の繁華街に女性を紹介する仕事をしているが、粗暴の悪い客には容赦はない。
リーダー・ROCKY(黒木啓司)、ナンバー2のKOO(遠藤雄弥)、初期からのメンバーのKIZZY(稲葉友)・KAITO(栁俊太郎)のお馴染み4名が登場!
新作では、AIZAWA(鬼龍院翔)・BITO(喜矢武豊)・ENARI(歌広場淳)・SHIMURA(樽美酒研二)の4名は、バンドを結成する夢のもと、チームを脱退しているが、BITOとSHIMURAの2名が重要な場面で登場する。4名の脱退による戦力ダウンを補強するため、KOOが揃えた通称“SMG”と呼ばれる、HEIDI(西村一輝)・MARCO(廣瀬智紀)・LASSIE(西川俊介)・COSETTE(松田凌)の若手4人組が新たにチームに加わり、8名がメイン登場キャラクターとなる。

鬼邪高校

鬼邪高校ビジュアル

SWORDの「O」。別名“漆黒の凶悪高校”。
全国から札付きの粗暴者が集まっており、その筋にとっては絶好の人材供給源である。
定時制と全日制があり、定時制はより粗暴も悪く、強い。
「5回留年すれば一流」と言われ、20歳過ぎた男たちがゴロゴロいる。
新作では、お馴染みの番長・村山(山田裕貴)、村山の右腕・古屋(鈴木貴之)、村山を慕う関(一ノ瀬ワタル)に加えて、その名字から“三中トリオ”と呼ばれる、中茎(青木健)、中林(清原翔)、中園(陣内将)の、3名の屈強なメンバーが加わり、定時制の6名がメイン登場キャラクター。

RUDE BOYS

RUDE BOYSビジュアル

SWORDの「R」。
犯罪者や身寄りのない老人・子供など、天涯孤独の人間が集まる治外法権の街「無名街」の守護神。 侵入者を瞬時に排除することから“無慈悲なる街の亡霊”の異名を持つ。 無名街に生きる者は血の繋がりがなくとも家族とみなし、絆は強い。 リーダーであり、病に伏せるスモーキー(窪田正孝)、 次期リーダー候補・タケシ(佐野玲於)、前線で戦うピー(ZEN)の3名に加えて、 新作では、無名街に流れ着いたユウ(佐野岳)が新たにチームに参入。 スモーキーの病が進行する中、シオン(永瀬匡)は消息不明となってしまっている。

達磨一家

達磨一家ビジュアル

SWORDの「D」。
祭と関係の深い武闘派集団で“復讐の壊し屋一家”と呼ばれている。 自らで祭りを催し、闘鶏、花札、喧嘩賭博などで金を稼いでいる。 かつて伝説のチーム“ムゲン”に挑み壊滅した九龍グループ傘下“日向会”の日向四兄弟の四男、 日向紀久(林遣都)を頭に形成された達磨一家。幹部には左京(阿部亮平)・加藤(小澤雄太)の、お馴染みのメンバー3名に加えて、新作では新たに、同じ地域に住む若手の白法被集団“達磨ベイビーズ”から、風太(水野勝)・雷太(田中俊介)、阿形(守屋光治)・吽形(井澤勇貴)が登場し、チームに加勢する。

DOUBT

DOUBTビジュアル
DOUBTビジュアル
DOUBTビジュアル

中村蒼 演じる悪のカリスマ・蘭丸のビジュアル、巨大スカウトチームDOUBTチームビジュアルがついにお披露目ッ!
新たに中村蒼が臨む役柄は、今までの爽やかイメージとは打って変わり、暴力によって人を束ね、街全体を震え上がらせるほどの力を持つ狂人・林蘭丸。
深紅の衣装に身を包み、狂気に溢れた表情で荒れ狂う姿。さらに、なりふり構わず暴れ回る壮絶なアクションは、俳優・中村蒼初挑戦の役となります。
圧倒的悪役を演じ、今までにない新たな一面を見せる中村蒼にぜひ、ご注目下さい!

プリズンギャング

プリズンギャングビジュアル

今回ビジュアルが解禁となったプリズンギャングとは、監獄内にいるギャングたちの名称(総称)。監獄内では、いくつかのグループに分かれている。
本ビジュアルはその中の1つ、リトルアジアの同郷たちで作られたグループで、ボスとして君臨しているのがジェシー(NAOTO)。
更にフォー(関口メンディー)、ブラウン(岩永ジョーイ)、モカイ(中谷太郎)、ナカモン(JAY)、ミオウ(武尊)、アクネ(城戸康裕)ら、監獄内では最強と呼び声が高いプリズンギャング達を率いて、DOUBTと結託し、SWORDとの戦いに参加します!
個々の格闘センスはかなり高くSWORDにとって大きな脅威に!
EXILEのメンバー兼三代目J Soul BrothersのNAOTO、EXILEのメンバー兼GENERATIONSの関口メンディ―を始め全員が本作から登場する新キャスト!

MIGHTY WARRIORS

MIGHTY WARRIORSビジュアル

MIGHTY WARRIORSは音楽、ファッションへのリスペクトにより、自分たちの“理想郷”をつくることを目標に集まったチーム。

本ビジュアルでは、リーダーである元傭兵のアイス(ELLY)、バーニー(白濱亜嵐)、セイラ(大屋夏南)、9(ANARCHY)、パール(野替愁平)らお馴染みのキャラクターに、新たに加わった、アイスの弟ディディー(LIKIYA)と、ディクシー(祐真キキ)を加えた、7名のメインキャラクターが勢揃い!

そして、新作で明らかとなる、 MIGHTY WARRIORSとプリズンギャングのジェシー(NAOTO)、フォー(関口メンディー)との関係とは?!

ムゲン

ムゲンビジュアル

琥珀(AKIRA)と、相棒の九十九(青柳翔)は、今はSWORDと呼ばれている地区一帯を、かつて支配した伝説のバイクチーム「ムゲン」のメンバー。琥珀(AKIRA)は「ムゲン」の2代目総長だった。

「ムゲン」の創始者の1人である龍也の死によりチームは解散。その後、龍也の死に九龍グループが絡んでいることを知った琥珀は復讐を誓い、韓国マフィア張城と手を組みSWORDを潰そうとするが、コブラ、ヤマト、九十九らの身体を張った説得もあり目が覚める。

その後行方が分からなくなっていたが、雨宮雅貴(TAKAHIRO)から九龍グループの機密情報が入ったUSBを託され、死んでしまった龍也の為、その情報公開に動くことになる。

雨宮兄弟

雨宮兄弟ビジュアル

雨宮兄弟は、かつて圧倒的な支配力を誇っていたムゲンとたったふたりで渡り合った最強の兄弟。 次男・雨宮雅貴(TAKAHIRO)、三男・雨宮広斗(登坂広臣)が闇夜を背景にバイクに跨る姿が公開です!九龍グループに両親を殺され、さらにその復讐の為に動いていた長男の尊龍(斎藤工)も殺された雨宮兄弟。尊龍が命がけで守った九龍グループの機密情報が入ったUSBを琥珀(AKIRA)に預け、その情報を公開する為に琥珀・九十九(青柳翔)と共闘する。

苺美瑠狂

苺美瑠狂ビジュアル

苺美瑠狂は、刺繍の入ったピンクの特攻服に身を包み、改造バイクを走らせる山王街のレディースチーム。

彼女たちのネットワークは広く、SWORD地区で起こるトラブルの情報をすぐさま入手してくる。 新作では通称“東京タワー”と呼ばれる芝(楓)、通称“スカイツリー”押上(佐藤晴美)、ノノリキ(山口乃々華)、イシカワ(城戸愛莉)の4名が、White Rascalsのピンチをコブラたちに伝える!

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」8月19日(土)全国ロードショー!
ⓒ2017「HiGH&LOW」製作委員会

ページTOPに戻る

出演

© 「HiGH&LOW」製作委員会

0%